自分が一番できてねーじゃん

こんにちは、松尾です。

こんにちはとか言っていいのかわからないレベルでお久しぶりです。

 

まあ更新をしてないので、

見ていただいている方はいらっしゃらないと思いますが、

自分の中である変化が起きたので久々に書こうと思いました。

 

 

むしろ初めてかな。

文章書きたいって思ったのは。。

 

 

井上直哉という男

 

僕は、三浦 孝偉さんという方の『BEC』というコミュニティに所属しているんですが、

土曜日井上直哉という男の講義がありました。

 

 

僕は直哉さんのメルマガはホントに好きで、なんか熱いんですよね。

あとジャンルに跨らない感じが面白い。

 

 

そんな直哉さんの講義が土曜日あったんですが、

【後発組が情報発信で勝つ方法】というものでした。

 

なんか、はじめてかな。まじで書きたい。

なんか久しぶりに書いてみたいって思ったの。

 

直哉さんのメルマガ読んで、

いつもいいなーと思ってたけど、なんか俺も本気でやってみようかなと思った1日でした。

 

 

直哉さんが言われてたのは、

発信をし始めても、ずっと継続できる人がいないこと。

 

直哉さんはそれをずっとやってこれたから今があると言われてました。

 

まさに僕はこれです。やめちゃった人です。

 

僕は、過去の記事を見て頂ければわかる通り、

今年のはじめからブログを書こうと思って書いていたんですが、挫折しました。

 

なんで、挫折したのかというと、

 

 

『時間がなかった』

『記事が面白く書けなかった』から

 

 

今考えるとしょーもない言い訳です、ホント。

 

 

ホントに時間がなかったのかと言われれば、

絶対あったし、ただ自分がそこに向き合わなかっただけ。

 

時間がなければ、時間を区切ってやればいい。

 

自分の文章がはじめから面白いと思ってくれる人なんていないし、

直哉さんに言われたのは、

 

 

自分の出来が悪いと思った時に意外とコメントをもらったりする。

 

これってBUYMAでも一緒で、

外注さんが出品したかなり出来が悪かった商品でも

全然売れちゃったりするんです。

 

あーそういうことか。と気づかせて頂きました。

なんかはじめから多くを求めすぎていたような気がします。

 

 

 

今僕は、『SHIFT』というBUYMAのコミュニティを運営していますが、

そこでは、メンバーに

 

はじめからできる人はいないよ。とか

始めはがむしゃらにやりましょう。とか言ってたのに、

 

 

自分が一番できてねーじゃん。

 

 

 

なので、今日からまた書きます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です