パフォーマンスを最大限発揮する

 

いつも何時に寝て、何時に起きていますか?

 

おそらく副業でやられている方が

ほとんどだと思いますので、

 

今のライフスタイルから作業時間を捻出するとしたら

一番すぐ削れるのは、おそらく睡眠時間だと思います。

 

 

そんな時に、

作業時間をどこに持って行くか。

僕はこれが結構重要だと思っています。

 

 

 

自分の理想のライフスタイルを考える

 

 

 

例えば、

1日の睡眠時間を『4時間』しか寝ないと決めたとして、

 

以下の3パターンに分類されるのではないかと。

 

 

夜型の人

 

仕事から家に帰ってからそのままずっと作業をして、

2時ぐらいまでやって、6時に起きる。

 

 

朝夜型の人

 

仕事から家に帰ってからそのままずっと作業をして12時ぐらいに寝る。

朝4時に起きて6時まで2時間ぐらい作業する。

 

朝型の人

 

仕事から家に帰ってから夜はすぐ寝る、

朝は2時に起きて、6時まで作業する。

 

 

 

僕がこの3パターンを試してみました。

 

 

 

まずは、夜型は眠い。

 

 

というのも、前職が肉体労働でしたので、

帰ってからパソコンの前に座ると、寝ちゃう。。

なんてこともしばしば。

 

 

そのまま、眠いながらも作業してると効率悪いし、

変な時間に寝ちゃっているから、次の日も眠かったりもします。

 

 

また、終わらなかった時に最悪朝まで出来て、

ダラダラやっていたりすることが多かったので、

 

効率は悪いと感じ、やめました。

 

 

 

次に、朝夜型。

 

これは結構いいと思います。

 

例えば、作業タスクは夜の内に片付けておいて、

考える系のタスクは朝やるとか、

タスクによって、分けられるのが利点ですね。

 

朝は、頭が一番すっきりしてますからね。

 

 

僕は基本、

夜起きてられなかったのでこれはやめましたがw

 

 

最後に、朝型。

 

僕はこれが一番しっくりきました。

 

朝は仕事行くまでしか作業ができないので、

時間が決まっている分、自分のタスクを追い込めたりします。

 

 

夜ちゃんと寝ているので、

眠いという感情がないまま集中して作業できますし、

 

起きている人が少ないので、余計な連絡がこない。

あとは周りの音も静かだからかなり集中できたりします。

 

 

まあこれは、あくまでも僕の例なので、

一概にも言えませんが、

自分のパフォーマンスを最大限発揮できる部分を探してみましょう。

 

 

 

僕の場合は色々試した結果、

 

夜はすぐ寝て、朝早く起きる。

 

 

というリズムがしっくりきた。

朝型の作業の方が効率がいいことに気がつきました。

 

なのでほぼ毎日22時に寝て、2〜3時に起きています。

(最近は4時ぐらいまで寝てることが多いかも)

 

 

こういうのも、誰かが睡眠時間を削った方がいいから削る

という理由でやるんではなくて、

 

自分にはどういうスタイルがあっているか

色々試して見るといいと思います。

 

 

朝弱い方は、

夜やった方が効率いいと思いますしね。

 

 

それと僕は副業の時は、

割と昼休みとか寝れる仕事だったので、夜あんまり寝なくてもよかったですし、

 

10分タイマーかけてトイレで寝れる

というサラリーマンの方も大丈夫だと思いますが

 

 

睡眠時間を削るのは無理という方は、

他の部分で削れる部分がないかを探してみましょう。

 

 

毎日寝ないで作業するというのは無理ですし、

 

もちろん稼ぐのには寝ないでやるという気合も必要だけど、

風邪を引いたり、具合悪くなって2〜3日作業できない。。

 

なんて方がもったいないので、

自分の最善な作業環境を整えてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です