BUYMA もし砂漠で水が売っていたら、、、

 

昨日はかなり暑すぎて死にそうだったので、プールに行ってみました。

 

プールに行ったら行ったで、暑すぎて、まじで喉が乾く。

 

 

そんな時に冷たい飲みものが売ってたら、買っちゃうじゃないですか。

 

うん、、絶対買っちゃうんですよ。

しかも200円とかするのに、、

 

 

原価なんて、おそらく60〜80円とかです。

すげーわかりやすく高値売りされてきましたw

 

 

 

こういうのは高値売りする際の、一番わかりやすい例だと思っていて、

 

だいたい皆さん、こういう場所で買うのは、

定価より値段が高いっていうのは、周知の事実だと思うんです。

 

 

でも買っちゃうのは、

 

・買って持っていくのがめんどくさい。

・その場で済ませたい。

・雰囲気にやられた。

 

 

、、、このぐらいですかね。

これって、BUYMAでも言えることじゃないですか。

 

 

・買って持っていくのがめんどくさい。

・その場で済ませたい。

 

→ 事前に用意するのがめんどくさいという人。

 

事前にどこに店舗があるのか調べるのがめんどくさい。

むしろ行くのがめんどくさい。

 

直営点で買うと接客を受けなきゃいけないし、決済も待たなきゃいけない。

 

そもそも、行く時間がないし、

人目があっていけない。なんて方も。

 

なら、ネットで買って自宅に届くという方がいいことで、ネットで購入する。

 

 

・雰囲気にやられた。

→ 買う気はなかったのにという人。

 

別の用事でお店にきて、

全然買い物する気がなかったのに、買っちゃった。

 

なんて経験はありませんか?僕は結構ありますw

 

 

ショップ巡りをした時も、何人かの方は

気持ちがグラついてた方もいましたし、実際に買っちゃった方も。。

 

単純に商品が魅力的だったり、

店員さんが素敵で買いたくなっちゃたりと理由は様々ですが、一定数います。

 

 

・プレゼントを探していたけど、ついでに自分のも。

・暇だから見てたら欲しくなっちゃった。

 

全く違う理由で、商品を探している方も中にはいるので、

そういうのもいいですね。

 

 

・知らなかった。

→ 知らなくて買っちゃう人。

 

中にはいると思います。むしろ知らなくてもいい。

 

他でどこで売っているのか、どこでいくらで売っているのか。

そんなことを一切気にしない方も中にはいます。

 

 

そんな需要があるところを見つけられたら、

わかりやすく高値で売れるので、狙って行きたいんところなんですが、

 

でもこれって、人がいないところで売っても意味がないんですよね。

 

 

 

例えば、

もし砂漠を歩いてて、喉が乾いたら水飲みたいですよね。

死にそうなぐらい喉が乾いてて、どこにも売っていなかったら

めっちゃ高くても水買うと思うんです。

 

500mlのペットボトルでも

死にそうだったら1万円ぐらいだったら出しますね。

 

でもそもそも、砂漠を通る人がいなかったら

商売にならないんです。

 

 

例え1本1万円で売れたとしても、

月に1本しか売れなかったら生活するのは無理ですよね。

 

だから、どのぐらいの人が通るか。(集客があるか。需要があるか。)

が大事になってきます。

 

 

沢山人がいるところでは、

全然いない場所で売るよりは、ものは比較的に売れるかもしれない。

 

でも、魅力的な商品、魅力的な店舗、

魅力的な接客ができなければ購入はされない。

 

結果的に埋もれるだけ。

 

 

なので、需要をズラすことも大事ですが、

そこの需要もどのぐらいあるのかは気にしなければならないです。

 

的外れな出品は意味がない。

需要があるのをわかった上で、出品して行く。

 

もちろん、需要を知るためにはある程度無駄な出品も必要です。

 

 

その上で、自分の出品に需要があるのか。ないのか。

それを検証して行く。

 

 

そのお客様が何を求めているのか。

どこにニーズがあるのか。

 

それを理解して、そこにうまく商品を出していけば、

売れないなんてことがない。

 

 

日頃から、データをしっかりとっていますか?

 

 

出したら出しっぱなしの垂れ流しにしていたら非常にもったいない。

 

日頃の出品から得れることは

沢山あるので活用してなかった方は、今日から活用してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です