手を動かさなければ意味がない

 

新しい家電とか買った時って、

とりあえず説明書とかって読みますか?

 

僕は多分、最初に読んだことは一度もないかもしれないです。

 

 

まあこれって性格的な部分があると思うんですが、

こういう部分で人間って2種類に分かれると思うんです。

 

 

例えば、1から10までの工程があるとして、

 

・説明書とか読んで、頭で全部理解してから1から始める人。

慎重な方はこっちかな。

 

・とりあえず、何も考えずに1から始めていく人。

僕は完全にこっち。頭より手が最初に出ちゃうタイプw

 

 

両方に当てはまる方がいらっしゃると思いますが、

僕はやはり断然 後者推しです。

 

 

なんでかというと、

説明書なんても読んでても意味がないと思うんですよ。

 

読んで理解したと思って、

いざ使ってみようと思っても、これが意外と覚えてないんですよね。

(僕だけか?w)

 

 

だからもう一回見る。

↑この時間無駄じゃないですか?

 

 

だったら、最初からやってみて

 

あーこうなっているんだ。

ここどうやるの?

 

ってとこが出た時に、説明書見てやることで、

あーそうなのねってなると思うんですよね。

 

 

だから、最初から頭で理解しても意味がないんです。

その時間がもったいない。

 

 

 

これって教材とか買った時でもそうだと思うんですが、

 

マニュアルを一番最初から最後まで見て、

動画とか観て、やった気になっている方いませんか?

 

 

はっきり言って見てるだけじゃ全く意味ないですからね。

手を動かさなくちゃ。

 

 

動画見ました。

マニュアル観ました。

 

というのは、普通ですからね。

 

 

むしろ見ながらやる。わからなかったら見る。

何回も観るぐらいじゃないと。

 

それぐらいの使い方が理想だと思うんです。

 

 

とりあえず、やってみる。

 

実際に、出品してみる

リサーチしてみる。

 

 

やらなければ、売れることは絶対にないですし、

売ればければ、その先の業務は発生しませんし。

 

売れなければ、ビジネスに取り組んでいる毎日の時間も

意味がない時間になってしまいます。

 

インプットしたら、アウトプットする。

アウトプット前提のインプット。

 

そういう循環にしていきましょう。

 

 

 

『失敗』を『失敗』と捉えない

 

 

 

とりあえず、説明書を読む

とりあえず、マニュアルを熟読する。

 

という方は

おそらく失敗を恐れている方が多いのかなと思います。

 

 

でも僕から言わせてもらえば、

失敗したって良くないですか?

 

というか失敗なんてないと思ってます。

 

 

やってみてそれが間違っていたら、

次回からそれをやらなければいいだけですし、

同じことやる時に、次はもっと早くできるようになります。

 

 

ネガティブに考えれば、それは『失敗』かもしれない。

でもポジティブに捉えれば、

 

そのやり方はないとわかったので

成功への近道を知れたということになる。

 

 

いつも頭で先に考えちゃうという方は、

頭で考えるよりもとりあえずやってみる。

ということを意識してみてはいかがでしょうか。

 

絶対変わると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です