BUYMA 外注さんが続かない。。

 

外注さんと提携しても提携しても、

外注さんがすぐにやめてしまって続かない。。

 

という悩みを抱えている方もいると思います。

実際僕も以前はそんな悩みを抱えている一人でした。

 

 

なぜ続かないのか。

 

僕はそこで考えました。

・なんでお仕事を続けられないのか。

・なぜうまく動いてくれないのか。

 

それを踏まえ、

僕が以前にやっていたことはどうだったかを徹底的に分析してみました。

 

・仕事をあげているという感覚でやっていた。

・やめたらまた補充しようという認識があった。

 

 

もう完全に自分の方が上だと思っていました。

 

自分では口調などには気をつけていましたが、

きっと言葉尻などには出ていて、それが伝わっていた方もいると思います。

 

 

外注さんと共に成長する意識を。

 

以前の僕のように、

外注さんに仕事を与えているという意識でやっていると、

 

はじめはいいんですが向こうも人間なので、

絶対にモチベーションは下がってきます。

 

いくら単純作業が好きな方でも

毎日同じようなことをずっとやっていたらそりゃー飽きますよね。

 

なので僕たちは

外注さんのテンションを下げない工夫をしなくてはならない。

 

外注さんのテンションを下げなければ、

パフォーマンスが上がって、結果的にうまく回るようになります。

 

なので、外注さんとの関係に上下関係はいらない。

自分の方が上みたいな気はいらない。

 

仕事だからと言って、

仕事の話しかしないのはつまらない。と考えました。

 

 

ここで、一回自分に置き換えて考えてみましょう。

 

新入社員で入った会社が

先輩が全く話かけてくれなかったり、仕事の内容しか

伝えてこなかったりしたら、つまんなくないですか?

 

入社面談の時は色々聞かれたのに、

いざ仕事が始まって、自分のことを何も聞いてくれなかったりしたら、

 

 

僕だったら自分のこと全く興味ないのかな。。

会社行きたくないな。

 

って思います。ゼッタイ。

 

人には事情があるので、働きに出れなくて仕方なく

こういう仕事を選んでいる方も中にはいると思います。

 

 

 

だけど、

せっかくの知り合えたご縁なので工夫次第では、

モチベーションを下げないようにすることだってできるはずです。

僕はそう思って、外注さんとの向き合い方を変えて行きました。

 

 

離脱するのは自分のせい

仕事は基本つまらないものです。

僕の場合は外注さんのことを知らな過ぎました。

 

 

・この人はどういうことに興味を持っているんだろう。

・普段どんな生活をしているんだろう。

 

 

なので、はじめは外注さんのことを知ることからはじめました。

 

実際に再度チャットやスカイプなどでたわいもない会話をしてみたり、

外注さん同士でチャットのグループを作ってそこで相談してもらうなどと。

 

 

・なんとかして少しでも面白くするにはどうしたらいいかな?

・何かやりがいを見つけてあげられないかな?

 

と考えて、色々行ってみました。

もちろん正解はないので、このやり方がいいとは限りませんが、 

 

お互いにやりやすい場所を一緒に探していく。

 

というのが一番いい方法なのではないでしょうか。

 

 

そのおかげか、

僕が外注化を始めた約2年前から一緒にやって頂いている方もいますし、

最近では、離脱も限りなく少なくなってきました。

 

なので、経験した僕が今思うことは、

外注さんの離脱が多かったり、仕事にムラが出たりするのは、自分のせい。

自分が盛り上げてあげなかったから。

 

 

環境を作るのは、自分です。

自分のやり方を押し付けていませんか?

 

もし今関係があまりうまく行ってないなーという方は、

一度向き合い方を変えてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です