ウザいぐらい向き合う

 

明日はSHIFTの勉強会があるので、

今日は資料などを作成していた1日でした。

 

SHIFTが始まってから

早いモノで2ヶ月が経過しました。

メンバーの中には、徐々に結果が出ている人や、

まだ何も手をつけていない人と様々いますが、

 

人によって、作業の進み方ってあると思うんです。

いくら講師側が同じ発信をしても受け取り方は違う。

 

同じことを伝えても理解してくれる人もいるし、

人によっては、全く理解してくれない人もいる。

 

 

それは、受け取り側の能力だからこっちは関係ないでしょ。

みんなに同じことを教えてるし。

 

では、僕は済ませたくないんですよね。

 

だって『何か』があって

できないかもしれないですし、

だったらその『何か』をわかってあげたい。

理解してあげたい。それを取り除いてあげたい。

 

だって、やれば結果でんだから。

 

だけど、それ以前でつまづいている方も

中にはいたので、本当にもったいないと思います。

 

 

人によって、理由は様々。

 

先月に勉強会があった際に

何人かの方がまだ何もやっていない。という方がいたんですが、

 

個々に理由を聞いても様々な理由がありました。

 

・仕事が忙しくてできない。

1日の生活スケジュールを書き出して、削れる時間を一緒に考える。 

 

・なんかやる気が出ない。

BUYMAのタスクを後回しにしているようなので、まずは先にやる。

BUYMAは1日一定量。

そのあとで違うことをやってモチベーションを下げないようにする。 

 

・副業<本業になっている

実際BUYMAで稼ぎたくて、始めたけど本業が楽しい。本業を優先したい。

1日何時間できるか。

じゃあBUYMAを収入の柱としてどのぐらい稼ぎたいか。 

 

・モチベーションが上がらない

自分がSHIFTに入った時はどういう目標があって入ったのか。

その金額を稼いで何をやりたいのかを明確に書き出してもらう。

 

単純にできない理由だけ聞いて見ても

これだけ人によって様々なんです。

 

なので一概に、

『気合だーーー!』なんて死んでも言えない。

(だけどある程度は気合も大事)

 

いいからやれよ。

ってこっちが押し付けたってできるわけがない。 

 

 

だけど、個々に聞いて見ると

みんな自分のことスゴくわかっていたので。

ある程度背中を押してあげるのも僕の役目なのかなとも思っています。

 

人と向き合うことの大切さを学んだあの日

 

僕はBECで三浦さんに

人との向き合い方を学ばせて頂きました。

 

「お前カッコつけすぎなんだよ」

 

BEC2期の時に三浦さんに言われた言葉でした。

 

それまでの僕は色々と何かにつけて

プライドが高く周りのBECメンバーにですら心を開いていませんでした。

情報発信をできなかったのもその内の理由が大きかったと思います

 

自分では気づいていたけど

三浦さんに言われることでかなり腑に落ち、

あの言葉を言って頂かなければ僕は変わることができなかったと思います。

 

あの時に、人と向き合うのって

こういうことなのかーって肌で感じさせて頂きましたし、

 

まだまだ全然理解していないと思いますが、

『人と向き合うこと』の大切さを学ばせて頂きました。

 

三浦さんは、これまでに何千人って人と接してこられているので、

僕とは全然見る目が違うと思うけど、

 

そんな三浦さんの人との向き合い方を肌で教えて頂いているので、

僕的にはそんなことできないし、やりたくない。

 

 

だからSHIFTのメンバーには、

絶対稼げるようになってもらいたいですし、

 

そのために僕にできることはなんでもやろうと思います。

 

 

なので明日はウザいぐらい向き合ってきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です